HOME>ホットトピックス>使う場面と目的がわかれば、自然とピッタリな物がわかる

様々なタイプが登場

ファイルを持つ人

クリアファイルと一言で言っても、数多くの種類が登場しています。数枚入れる薄いタイプ、たくさんの書類を収納できるブックタイプ、サイズの違う書類もまとめて入れられる封筒型などです。そして形だけではなく、幅広いサイズにも対応しています。どのタイプを使えば良いのか迷ってしまうくらいのラインナップです。

まずはどんな場面で使うのかをイメージする

印刷機

選ぶ前に、どんな場面でクリアファイルを使う予定なのかを考えましょう。例えば、大事な書類を汚れないように他の物と分けて保管しておきたい、重要書類をまとめたファイルを作りたい、と実際に使う場面を具体的にイメージすると良いでしょう。そうすれば、自然と使いやすいクリアファイルが絞られていきます。

ポイントは書類の量と紙のサイズ

ファイルを持つ人

イメージが出来たら目的に合ったクリアファイルを選ぶだけです。その際に気を付けるポイントは、書類の量と紙のサイズです。多くの書類を入れるならブックタイプが適していますし、分類が出来るインデックス付きの物はさらに便利です。どのくらい増えるかわからない時は、ページ数の調整が出来るタイプを選ぶとスッキリまとまります。紙のサイズに合ったクリアファイルを選ぶことも大切です。サイズが合わないと中身が落ちてしまったり、折りたたんで入れる必要が出てきます。特にA3用紙を入れるなら、上から出し入れするタイプよりも横からのタイプの方が適しています。

気分が楽しくなるデザインを選ぶのも〇

ファイル

機能で選ぶのも快適に使うために重要ですが、クリアファイルはカラーやデザインも豊富です。自分の好きな色や絵柄、写真だと気分が高まりますよね。クリアファイルは仕事でも家庭でも欠かさず使うので、手に取るたびに明るくなれる物を選ぶのも良いでしょう。